会社案内トップ
HOMEニュースリリース事業案内製品情報プライバシーポリシー

 

社屋 「地域から愛され、存続を望まれる企業」をめざして

「アルプスがふたつ映えるまち」に象徴される駒ヶ根の地で、
その豊かな美しい自然を未来に継承し、「地域から愛され、存続を望まれる企業」を目指して地域の環境保全に格段の配慮をしながら、自然との共生のために環境活動を展開しています。



1.環境への取り組み

 弊社の環境負荷物質全廃への取組みは、持続可能な発展(Sustainable Development)が叫ばれ始め1990年代から開始しました。
 1994年、いち早く土壌汚染防止やオゾン層保護等の地球環境保全に向けて、塩素系溶剤の全廃を達成し、更に2001年より、従業員の健康に配慮し鉛の代替材料の開発を開始し、2006年までに全て切り替えをおこないました。
 また、2005年にISO14001認証を取得し、省資源、省エネルギー及び廃棄物削に減取り組み、CO2の排出削減や省資源のための歩留り向上で大きな効果をあげています。

粉末冶金製品は、「製造エネルギー消費量の低さ」「材料利用率の高さ」は認められているところですが、より粉末冶金の特徴を生かした製品の開発に取組んでいます。

2.グリーン調達

「グリーン調達基準」2013年10月に 第5版に改訂しました。

 化学物質については、自然環境や人体に対して有害性、有毒性のある物質を規制する動きが世界的規模の課題として取組みが進められ、EUのRoHS指令、REACH規則、中国の「電子情報製品汚染防止弁法」(中国版ROHS)または、日本のJ-MOSSに代表されるように製品含有化学物質を規制する法規制等の整備が急速に進められています。

 特にEUのREACH規則では含有化学物質に対する情報の伝達・収集の必要が高まり、化学物質管理はより高度化を要求されてきています。

 このような状況のもと、弊社においても確実に法を遵守し、お客様に求められる製品を供給するため「グリーン調達基準」の見直しを行いました。今後ともこれらの活動を充実していきたいと考えております。

 

「グリーン調達基準」
(第5版)
グリーン調達基準
PDFファイル▲ダウンロード
(PDF1.59MB)
3.品質・環境方針

= 品質・環境方針 =

ナパック株式会社は、社是・経営理念にうたわれた「よい会社」実現のため、品質、環境を含む経営マネジメントシステムを構築し、継続的な改善を進め、よりよいものとしていくことにより、社会に貢献する。

  • お客様第一、品質第一主義の実践
    高い品質を確保し、お客様に信頼と満足を与える製品を提供する。
  • 環境との共生
    環境保全の重要性を強く認識し、あらゆる面で環境に配慮した活動をする。
  • たゆまぬ自己資質の向上
    常に知識・技術・マナーの向上に努め、基本的知識の習熟と専門能力及び人格向上を図るため、自ら行動する。

この方針に基づき、品質及び環境に関わる以下の重点項目について具体的な目的・目標を設定し、全社員がその達成に努力する。

  • ① 法規制等、社会的な要求事項を遵守する。
  • ② 品質水準のさらなる向上を進め、顧客クレームを0とする。
  • ③ 省資源、省エネルギー、廃棄物の削減、環境負荷物質の削減を行う。
  • ④ 5Sと改善の継続的な推進と向上を図る。
  • ⑤ 安全と健康を確保し、快適な職場環境を実現する。


平成20年 7月 1日
ナパック株式会社
代表取締役社長  鈴木 隆