軸受/機械部品歯車/プーリーサマリウム‐コバルト磁石各種マグネット製品テクニカルデータ
HOMEニュースリリース事業案内製品情報プライバシーポリシー

 

製品情報トップ

含油軸受 Oil-impregnated Bearings

含油軸毛 画像  含油軸受の機能は、一滴(0.05cc以下)にも満たない僅少なオイルを、限られたスペースの中で失わず、損なわず、所定の軸受寿命を全うさせることが大きな課題です。含油軸受の形状・材質・組織・潤滑油等の「調和の技術」を絶え間なく研究し、開発を進めております。
 ナパック(株)は含油軸受から粉末冶金事業をスタートいたしました。昨今の流れにもれず、軸受も中国をはじめとした海外シフトにさらされています。そんな中にあっても私どもは軸受の技術を私どもの根源技術ととらえ、引き続きよりよい軸受を目指して開発を継続しております。

焼結機械部品 Sintered Ferrous Machine Parts

機械部品 画像 焼結機械部品は、複雑形状が可能で、機械加工を大幅に省略でき、お客様にとってのコスト低減を含めた大幅な合理化を可能にいたします。製品の用途と要求性能に応じて、さまざまな種類の材料を研究し、開発しています。


自動車部品 Automotive Parts

 粉末冶金市場の80%以上は自動車部品で占められています。ナパック(株)の自動車部品の売上比率は20%強で決して多いとはいえませんが、これからは今まで培った技術を生かし、さらに自動車部品に求められるQCDを追求することにより、更なるシェアアップを図ってまいります。

難焼結材

 1990年代前半よりスタートしたアルミニウム焼結技術の開発からナパック(株)の難焼結材料の焼結技術開発は始まりました。その後超磁歪材料の焼結技術の確立、タングステンの焼結技術の確立、チタン材料の焼結技術の確立等を実現しております。

Sm-Coボンド磁石 Sm-Co Magnets

希土類ボンド磁石 画像 異方性の材料であり、希土類ボンド磁石の中では性能が高い。最も特筆すべき特徴としては、熱減磁率が非常に小さいということ。そのため熱のかかる部位でのセンサー用途に適しています。但し値段はボンド磁石の中では高い部類に入ります。


Nd-Fe-Bボンド磁石 Nd-Fe-B Magnets NEW

 現在主流として多く使用されているのが等方性の材料です。Sm-Coボンド磁石に比較すると熱減磁率はよくありませんが、材料の値段は比較的安価です。

 最近時Nd系の高保磁力異方性磁性粉が開発され一部で応用され量産化が進んでいます。この粉末を用いると、等方性の粉末に比べて磁気性能を高くすることができます。しかしながら、圧縮成形においての汎用的な異方化成形技術の確立が長い間の課題でした。
 そこで今まで培ったコンパウンド、成形技術を基に作製方法を研究し、常温にて異方化し易いコンパウンド作製技術を開発いたしました。そして汎用的な「磁場中プレス法」による低圧荷重での成形が可能な圧縮成形技術を作り上げました。これにより他材料並びに射出成形では得られなかった高磁気特性磁石の提供を広げることが可能になりました。
 小型の高トルク、高回転モータに適した磁石ですが、サーボモータ、スピーカー、センサー等にも応用可能です。

センサー部品 Sensor Magnets

 磁石の使い方の中で、特に磁場の変位を利用したセンシングに利用されます。この場合、温度変化による磁力の変化が問題になり、温度変化による減磁率がより小さい磁石材料が適切です。Sm-Co材料は希土類素材の中ではもっとも熱減磁率が小さい材料です。使用温度環境が厳しいところにはSm-Co、それほど厳しくないところにはNd-Fe-Bが選択されます。

 その他磁石製品に関しましては、お客様の要望により各種組み立ておよび着磁作業も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。